平和台スポーツ整骨院

平日/午前10:00〜13:00 午後15:00〜21:00
土曜日/10:00〜15:00(日曜日・祝日は休診日です)

03-4361-4296

2021年2月8日

お子さんの突然の肘の痛みは肘内障かもしれないです!!

お子さんの突然の肘の痛みは肘内障かもしれないです
肘内障(ちゅうないしょう)は、未就学児に多く肘の一部の靭帯がめくれた亜脱臼したものです。
肘内障になると突然、お子さんが痛みで手を突然動かさなくなります。
肘の靭帯から肘の外側の骨(橈骨)がはずれかかることが原因となります。
多くは、5歳以下のお子さんで特に2歳~3歳のお子さんによく見られます。
お子さんの手をふいに引っ張ったりすると肘が抜けて、急に手をだらんして動かさなくなります。
目を離している時に、寝返りした時にも起こります。
これがお子さんに多く起こる肘内障です。
肘内障は、病院の夜間救急外来でもとても多い症状です。
突然、お子さんが泣き出すので、びっくりして整形外科に行く人も多いです。

予防方法は、お子さん手を急に引っ張ったりしないようにすることが大切です。
お子さんが急に肘の痛みを訴えた時には肘内障か骨折、脱臼を疑うことになります。
子供は痛がって泣き、腕を動かさない、あげられない状態になります。
そんな症状ですが、肘内障の治療は時間もかからずに整復が出来ます。
平和台スポーツ接骨院・鍼灸院でも肘内障の整復治療ができます。
もちろん肘内障と似たような症状の怪我もあります。
ですので、骨折や脱臼との区別をするためにレントゲン検査をする場合もありますので、必要があれば病院へご紹介もします。

肘内障は、骨と靭帯が成長するにつれて外れなくなりますが、それまで繰り返し外れるお子さんもいます。
接骨院は、健康保険を使って治療することも可能です。
病院と治療方法が変わらず、費用も変わりません。
念のために翌日に経過を観察する場合もありますが、数分で終わります。
肘内障の応急処置は練馬区の平和台スポーツ接骨院・鍼灸院におまかせください。
また練馬区の平和台スポーツ接骨院・鍼灸院は、交通事故、むち打ち、ぎっくり腰、スポーツ障害などの治療も可能です。
駐車場も1台あり、平日は夜の9時まで診療しているので、練馬区、板橋区、豊島区など遠くからでもご連絡いただければ対応します。
さらにお子さんの肘内障だけでなく、姿勢矯正の猫背矯正やEMSでの寝たまま簡単トレーニングも行っています。
お子さんの体の悩みがあるときには、練馬区の平和台スポーツ接骨院・鍼灸院にご連絡ください。 。