平和台スポーツ整骨院

平日/午前10:00〜13:00 午後15:00〜21:00
土曜日/10:00〜15:00(日曜日・祝日は休診日です)

03-4361-4296

平和台スポーツ整骨院

肉離れ

平和台スポーツ整骨院

肉離れ

肉離れとは

肉離れとは、筋肉がわずかにまたは、部分、完全に切れてしまうことを言います。
多くは準備運動をせずに筋肉が固くなっている時に、急に動いたり、大きな負荷がかかった時に起きやすいです。 筋肉を伸ばしたり、縮めるために、関節を動かしたり、 力を入れたりすると、痛みを感じます。
痛めた時にぶちっと音を感じる方もいらっしゃいます。
スポーツをしている人に多くみられますが、日常生活中でも起こります。
特に起きやすい場所として、太ももの裏、ふくらはぎ、太ももの前に起こりやすいです。

当院のアプローチ

施術は、鍼灸施術、電気施術、超音波施術、包帯固定、アイシング、テーピング、圧迫固定などを患者さんの症状に合わせて行います。
電気刺激は、微弱電流機器を用いて切れている筋肉組織の回復を早めるように行います。
まずは、切れた筋肉がくっつくまでは安静にして、切れたところが固くなってきたら少しずつ伸ばして 元の状態に戻るようにします。
左右で同じくらい筋肉を伸ばすことが出来て、力を入れても大丈夫になったら少しずつ運動を再開します。
運動を再開するときに、不安感があればスポーツ用のテーピングをして不安感を減らします。

肉離れは、どこかの筋肉が上手く使えていない、弱くなっている、 体の固い、体の使い方が悪いことで 大きなな負荷がかかって発生します。
ですので、一人一人原因をしっかり見つけて弱くなっている、うまく使えていない場所の筋肉でトレーニングを行い、固くなっているところには ストレッチなどをして柔軟性を高める施術をして再発防止まで行います。

症状によっての対処方法

痛めた筋肉を伸ばした時(ストレッチ)に痛い。
痛めた所を押すと痛い。
力を入れたときに痛い。
上記3つの症状があります。

ですので、太ももの裏ですと座っているだけで痛かったり、歩いて痛い人もいます。
見た目では、重症化判断するのは難しいケガですが、見た目では、内出血していたり、痛めたところがへこんでいたりする人もいます。
対処方法は、RICE処置の安静、アイシング、圧迫、高く上げるを意識しましょう。
アイシング、圧迫、高くあげることで、内出血を最小限に抑えます。
痛みだけで判断して運動を再開してしまうと、再受傷してさらに治療期間が伸びてしまいます。

【注意点】
肉離れは、筋肉の繊維が断裂して切れている状態です。ですので、痛めた後はストレッチなどはしないようにしましょう。
ストレッチをすると切れている筋肉がさらに切れてしまい回復が遅くなります。

お知らせ
症状別施術メニュー