平和台スポーツ整骨院

平日/午前10:00〜13:00 午後15:00〜21:00
土曜日/10:00〜15:00(日曜日・祝日は休診日です)

03-4361-4296

2022年9月30日

スポーツをしている人に多くみられる足関節捻挫について

こんにちは。

練馬区の平和台スポーツ接骨院・鍼灸院です。

今回は、足首の捻挫についてお伝えします。

足関節捻挫は捻挫の中でも最も多いケガで日常生活やスポーツ中に起こるケガの1つです。

足関節捻挫は足首を内側に強く捻ることで外側の靭帯が必要以上に引き伸ばされケガをします。

膝関節の捻挫などのケガに比べると日常生活への支障が軽度の事が多いので軽くみられています。

しかし、適切な処置をせず放置してしまうと後で痛みを残したり、不安定な足首となり、今後の日常生活に支障をきたします。

その為、早期に適切な治療を受ける必要です。

中には、実は骨折していることもあるので、痛みが強い場合に放置しないようにしましょう。

足関節の捻挫に限らず捻挫はケガの程度によって3段階に分類することができます。

第1度(軽度)

靭帯のごく一部の断裂で、軽度の腫れと圧痛がありますが、不安定感(ゆるみ)はありません。

第2度(中等度)

靭帯の断裂は不完全で関節の安定性はほとんどありませんが、広い範囲で腫れと圧痛があります。

第3度(重症)

靭帯が完全に断裂し、さらに強い腫れと圧痛があり、皮下出血や関節の不安定性が見られます。

この分類は治療方法の決定や回復の予測に重要な役割を持っています。

第1度であれば接骨院で電気治療などを行いながらテーピングやサポーターで固定して痛みが引くのを待ちます。

第2度の場合はシーネやギプスなどの固定を使い足首が動かないように固定する必要があります。

第3度の場合で不安定性が強くない場合は固定、不安定性が強い場合は手術の可能性も考えられますので病院や整形外科へ行き医師の診察を受ける必要があります。

足関節捻挫をした直後は、痛みや腫れがあることがあるので、その際は無理せず歩くことはやめましょう。

ケガをした直後は応急処置のRICE(ライス)処置を行います。

Rest(安静)

無理に動かしたり体重をかけたりしないようにします。

Ice(冷却)

炎症を抑えるために氷水で冷やします。ビニール袋に氷を入れて患部に当てます。1回15分程度冷やし、15分休みます。これを3~4回繰り返します。

Compression(圧迫)

包帯などを巻いて軽く圧迫します。循環障害に注意して、しびれたり皮膚の色が悪くなるようなら圧迫を緩めてください。

Elevation(挙上)

局所の循環を改善し、腫れと内出血を防ぐために患部を枕や座布団を利用して高くしておきます。

 

≪好発部位≫

足関節捻挫はほとんどが外くるぶしを痛める内がえしの捻挫です。

外くるぶし近くの外側靭帯(前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯)を痛めることです。

特に前距腓靭帯は3つの中でも1番損傷しやすい靭帯です。

そして足首の捻挫で内返し捻挫が多い理由は大きく3つあります。

1つ目は、足首の関節の構造の特性です。

足のくるぶしの長さは内側と外側で違いがあります。外くるぶしの方が長く、内くるぶしが短い構造をしています。その為、内くるぶしの方が弱く、内返しの捻挫が多くなります。

2つ目は筋力バランスです。

足の外側と内側の筋力を比較すると、外側は内側の筋力の半分しかありません。その為、内返し捻挫を防ぐ筋力が弱いことも原因の1つと言われています。

3つ目は靭帯の強さです。

外側は3つの細い靭帯が支えているのに対し、内側は広く強い靭帯1つで支えています。

その為、外側の靭帯の方が捻挫をした際に損傷しやすく、内返し捻挫が発生します。

足関節の捻挫と鑑別した方がいい、足の下駄骨折について。

時に捻挫は、単なる捻挫では済まない場合があります。

腫れが酷く病院や整形外科で検査した際に実は、骨折しているケースも少なくありません。

足首の捻挫をした時に起こる下駄骨折とは下駄を履いていて挫いた(くじいた)時に発生しやすかったため、下駄骨折という名前が付きました。

ケガする部位は、足の第5中足骨の基部の骨折を言います。足の甲の外側のところです。

現在も、下駄などを履いていなくても裸足や靴を履いて室内や階段で強く捻挫することで骨折することがあります。

症状は、受傷直後から足部の強い痛みと腫れや皮下出血(内出血)が出現します。

特に足の外側小指側に痛みがあり、普通に足をついて歩けない状態になります。

足首の捻挫との鑑別が必要ですが、ここで「オタワアンクルルール」というものを紹介します。

オタワアンクルルールとは、足首を捻挫した際に調べる評価方法のことです。

オタワアンクルルールはもともと、レントゲンを撮る必要性を減らして、カナダで医療費を軽減することを目的に作られた評価法のことです。

 

使い方は次の5つのポイントを評価し、すべてに痛みがない・もしくは荷重できるのであれば、骨折をしている可能性は極めて低いと言われています。

外側の後端6cmまたは頂点の痛み。

内側の後端6cmまたは頂点の痛み。

足の第5中足骨底の痛み。(足の外側の痛み)

足の舟状骨の痛み。(足の内側の痛み)

足首を捻った直後にその捻った方の足に体重をかけることができない。

 

この5つのうち1つでも当てはまれば捻挫ではなく骨折している可能性が高いと言われています。

ですが、5つのうち1つも当てはまらないからといって骨折していないとは限りませんので、オタワアンクルルールは受傷直後に大まかな重症度を調べるための目安ぐらいに考えるといいです。

 

今回は足首の捻挫についてお話させていただきましたがいかがでしょうか。

練馬区の平和台スポーツ接骨院・鍼灸院では、捻挫の応急処置はもちろんスポーツ復帰のリハビリや、再発予防まで対応させていただきますので、捻挫された方は一度ご相談ください。