平和台スポーツ整骨院

平日/午前10:00〜13:00 午後15:00〜21:00
土曜日/10:00〜15:00(日曜日・祝日は休診日です)

03-4361-4296

平和台スポーツ整骨院

スポーツでの膝の痛み

平和台スポーツ整骨院

スポーツでの膝の痛み

スポーツでの膝の痛みとは

スポーツ中に起こりやすい膝の痛みはこんなにもあります。
半月板損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、内側・外側側副靭帯損傷、鵞足炎、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)、 有痛性分裂膝蓋骨、棚障害、変形性膝関節症、膝蓋大腿関節症、膝蓋骨骨折、膝蓋骨脱臼などが急なケガ、繰り返して起こるケガがあります。

急なケガでは、スポーツ中に相手とぶつかったり、相手を振り切ろうとして体を捻ったりしたときに、 膝を捻ってしまったり、伸ばされることで痛めます。
繰り返して起こるケガは、体の使い方が悪かったり、姿勢が悪い、左右で筋力に差がある、柔軟性の低下などで特定のところに負担が大きくかかり発生します。

靭帯損傷、半月板損傷、骨折や脱臼などであるとなかなか良くならず、復帰までに時間がかかります。
レントゲン検査ではっきりするものもあれば、MRI検査など精密検査が必要な場合があります。

痛めた直後は、膝を動かせていた人も膝が腫れてきて動かせなくなったりします。
ケガの具合によっては、競技復帰まで時間がとてもかかるケガもあります。

当院のアプローチ

当院では、問診をしっかり行い、痛めた原因からどこが痛めてそうか考え、膝の動きをみて検査を行います。
もし、精密検査が必要な患者さんには、当院では、応急処置をして紹介状を作成して専門病院へご紹介を致します。

施術についてですが、病院で検査を受けた場合には、検査の結果と担当の先生からのご指示を患者さんにお伝えして、患者さんが納得してから施術を進めていきます。

検査が必要ないと判断した場合は、ケガした直後であれば、RICES処置をして患部を安静にしましょう。v ※ケガをしきに行うRICE処置とは⇒こちらをクリック
自宅でも治療が出来る貸し出し用の電気治療機器のアスリートミニを使用することで早期回復を目指します。
アスリートミニの微弱電流を24時間かけっぱなしで、使用することで痛みが少しずつ良くなってきたら、膝の関節の動きを良くして、痛めてから使えてなく弱くなっている筋肉を当院でトレーニングします。
トレーニング方法は、多くは体幹、ふともも、お尻の筋肉が弱くなっています。
その場所にトレーニングする電気を使用します。

ジャンパー膝、ランナー膝、鵞足炎、オスグットなどの繰り返して起こる膝の痛みに対しては、原因を見つけて痛みのあるところの除痛をしながら、根本の原因を解決するための施術を行います。

症状によってのアドバイス

繰り返している膝の痛みに対しては、原因が別の場所にあることがあります。
痛みの原因を見つけて、痛めた根本の原因は一人一人違います。その原因を早期に発見して施術を行います。
突然起こった膝の痛みは、無理はせず、RICE処置をして安静にしましょう。
ケガの早期回復を目指して、患者さんにご説明して最善の選択を行い施術します。

一人一人の患者さんのお体の状態に合わせて運動への参加をしてもらうため、テーピングやサポーターなどでサポートしながら、少し運動を行っていきます。

お知らせ
症状別施術メニュー